・ 廃品回収からリサイクルへ(安定工賃の確保に向けて)

・ 津久見市とうばめ園とのクリーンリサイクル事業契約(行政、市民の信頼)

・ 市内全域の新聞・雑誌等・段ボール全回収

・ 分別回収開始(塵芥車導入) 

・ リサイクル車購入(平成18年2月)

課  題

・ 行政目標の資源確保(リサイクル)と安定収入授産作業を目指すうばめ園の

  戦略行政(環境保全課、福祉事務所)へ働きかけ

・ 回収資源の保管場所確保

・ 回収のための機動力

・ 分別回収





効  果


・ 安定収入の確保

・ 授産収入アップ

・ 市民との垣根を越えた交流(ボランティア、理解者、婦人会、小学生、保護者)

資材は紙紐でくくり出してね。
折込広告や新聞紙
たたんで小さくしましょう
中身がわかるように
しましょう。
カーボン紙、感熱紙、ロウ紙、

金箔、銀加工した紙

防水加工している紙(紙コップ)等
  一度水ですすぎ
  清潔にして出しましょう。
リサイクル取組み
うばめ園分場への持ち込み時間

月曜日から金曜日  9:00〜16:00(土日祝祭日を除く)
              尚、12:00〜13:00は昼休みです

連絡先 0972−82−2898
 新   聞
段ボール
その他の紙
リサイクル出来ない紙
アルミ缶の回収
リサイクルできる紙
リ サ イ ク ル

      

       

  読者の皆様へ

 津久見市8,917世帯(平成18年1月末現在)から年間1,000トン、一世帯平均、約110kgの古紙が
 再生紙として利用されています。


  アルミ缶回収にご協力を!
 知っていましたか? アルミ再生は新しい物作る約3パーセントのエネルギーで済むこと!

 環境型社会をめざしてリサイクルに加えリユースで有価ビン回収を行っています。

 うばめ園分場(週末処理場前)で市民の皆様の資材持ち込みを笑顔でお待ちしています。  

 ちょっと 一言

知ってましたか!

360ml缶ビールのアルミ缶の重さ?           

                                                 答えは 分場のページへ

       
作業風景